放射線立体測量解析

文献ページ

X-ray Markers suitable for RSA or Radio Stereometric Analysis and insertion into e.g. PEEK materials

1. RSA (放射線立体測量解析) はX線像を種々の方向から同時に撮り、そして「ステレオ」立体画像を作製する先進の方法を記述しています。RSA測定を実施するには、人工装具(臀部大腿骨インプラント)はコンピューター・ソフトウエア・アルゴリズムが認識できる球タンタルマーカーでマークされます。医療デバイスへのマークつけに加えて、RSAマーカーは人工器官に近い骨にも置かれます。患者から得られたRSAX線画像は医師が体とインプラントが互いにどのように影響しているかを精密に測定することを可能にし、人工器官への移行を約0.1 mmまでの精度で評価することができます。全大腿骨のインプラントでは、端と受け口の間の摩耗が相当量起こっていて、そのデータは置き換えが必要かどうかを教えます。実施すべき大腿部のサイズが大きいため、大腿部と受け口の間の摩耗は、問題の可能性あるグループとなり、RSA研究での多くの調査の主要なニーズとなってきました。タンタルマーカーは放射線不透明であり診察のために低いX線暴露だけを要求し、この目的に理想的に適しています。

球タンタルマーカーは30年以上にわたって使用されてきましたが、何も深刻な問題は報告されていません。X-medics のタンタルRSAマーカーは今日数千の患者の臨床実験に使用されています。

このページの以下にこの手順に関する関連記事の150を超す参考文献があり、あなたがRSA研究実施の計画をされるのに役立ちます。

タンタルRSAに関する文献

提供できるRSA マーカー

X-medics は臨床実験中の人体内への永久インプラントに適したタンタルRSAマーカーを提供しています。この製品は CE-マーク無し、FDA登録でもなく、非無菌で供給されます。 X-medics は、しかしいくつかの 臨床実験に参加し、後程CEマークの製品の提供を計画しています。当社はまた貴機関が市場のCEマーク製品を注文する準備をされている 場合には 貴社の技術記録に適した文書で役に立つ可能性があります。